キャッシングとその負担とは

キャッシングには、メリットとデメリットがあります。

まずメリットに関してですが、キャッシングを利用する際には大きな買い物などや欲しい品物などがある場合にでも、現金などが足りない、こうした際には、利用をすることで、何とかその欲しい品物を購入することが出来ます。

一方でデメリットとしては、キャッシングを利用してしまったために、思いもかけずに多くの利息が出てしまい、これが生活費用などを圧迫してしまうこともあります。

また、多重債務になってしまうと、その負担はとても大きく、別のクレジットカードから貸付を行い、そこから先に借りた方のお金を返す、というものになってしまうため、家計は火の車状態になる、とされています。

こうした点がとても大きなデメリットであり、特に将来的に不安になるため、精神的にも負担が大きくなってしまい、また家族にもなかなか言い出せない、という主婦の方などもおられます。

こうした点がキャッシングのメリットとデメリットであり、自分が何にいくら使ったのか、また利息はどれほどになるのか、を念頭に置きながら利用することが大切だとされています。

キャッシングの貸付条件は会社によって違う

「キャッシング」とは、現金を貸したり借りたりするお金のやり取りのことを言いますが、一般的に消費者金融などから借金することを指します。借りる方は、金額と期間に応じて決められた金利を借りた額に上乗せして返済します。貸す方は、その金利分により利益を上げています。キャッシュディスペンサーや現金自動預払機を利用して、人と会うことなく現金を借りることができるため、利用する人も多くなっていますが、「支払い能力のある人」が最低の貸付条件とされており、その他キャッシング会社の既定の貸付条件もありますので、良く確認することが大事です。
月々、決められた金額を返済していくのですが、返済が滞って期限が伸びれば、それに従って金利が増え、長い期間返済に追われてしまう可能性もあり、経済的な圧迫が続きます。支払いのシミュレーションを行い、計画的に利用することが大切です。
また、何年も返済している人は、既に返済の義務がなく「過払い」になっている可能性があります。弁護士に相談することで、借金が減り、過払い金として帰ってくる可能性があります。

キャッシングの返済日は業者によってまちまち

キャッシングを利用した場合の返済日は、業者によって若干異なります。
一般的には消費者金融の場合は比較的自由に設定できる場合が多く、クレジットカードのキャッシングでは画一的なものがほとんどです。
消費者金融の場合は、契約時に申し出ることで自由に設定できる業者もあります。何種類かの返済日から選択するケースもありますが、毎月何日に返済するかを設定しない業者も少なくありません。
例えば最初の返済が翌月の1日とした場合、翌々月は最初に返済した日から35日以内であれば、何日でも良いとする業者も存在します。その次の返済は、更に35日以内となります。
また、返済する日とその前の10日間を返済期日とするなど、一定の期間を設ける場合もあります。
クレジットカードの場合は、多くは契約時に期日が決められます。数種類から選択する業者もあれば、選択できない場合も珍しくありません。
このため、キャッシングを利用する場合は、契約時に返済日の自由度を確認する必要があります。