キャッシングとその負担とは

キャッシングには、メリットとデメリットがあります。

まずメリットに関してですが、キャッシングを利用する際には大きな買い物などや欲しい品物などがある場合にでも、現金などが足りない、こうした際には、利用をすることで、何とかその欲しい品物を購入することが出来ます。

一方でデメリットとしては、キャッシングを利用してしまったために、思いもかけずに多くの利息が出てしまい、これが生活費用などを圧迫してしまうこともあります。

また、多重債務になってしまうと、その負担はとても大きく、別のクレジットカードから貸付を行い、そこから先に借りた方のお金を返す、というものになってしまうため、家計は火の車状態になる、とされています。

こうした点がとても大きなデメリットであり、特に将来的に不安になるため、精神的にも負担が大きくなってしまい、また家族にもなかなか言い出せない、という主婦の方などもおられます。

こうした点がキャッシングのメリットとデメリットであり、自分が何にいくら使ったのか、また利息はどれほどになるのか、を念頭に置きながら利用することが大切だとされています。

キャッシングの貸付条件は会社によって違う

「キャッシング」とは、現金を貸したり借りたりするお金のやり取りのことを言いますが、一般的に消費者金融などから借金することを指します。借りる方は、金額と期間に応じて決められた金利を借りた額に上乗せして返済します。貸す方は、その金利分により利益を上げています。キャッシュディスペンサーや現金自動預払機を利用して、人と会うことなく現金を借りることができるため、利用する人も多くなっていますが、「支払い能力のある人」が最低の貸付条件とされており、その他キャッシング会社の既定の貸付条件もありますので、良く確認することが大事です。
月々、決められた金額を返済していくのですが、返済が滞って期限が伸びれば、それに従って金利が増え、長い期間返済に追われてしまう可能性もあり、経済的な圧迫が続きます。支払いのシミュレーションを行い、計画的に利用することが大切です。
また、何年も返済している人は、既に返済の義務がなく「過払い」になっている可能性があります。弁護士に相談することで、借金が減り、過払い金として帰ってくる可能性があります。

キャッシングの返済日は業者によってまちまち

キャッシングを利用した場合の返済日は、業者によって若干異なります。
一般的には消費者金融の場合は比較的自由に設定できる場合が多く、クレジットカードのキャッシングでは画一的なものがほとんどです。
消費者金融の場合は、契約時に申し出ることで自由に設定できる業者もあります。何種類かの返済日から選択するケースもありますが、毎月何日に返済するかを設定しない業者も少なくありません。
例えば最初の返済が翌月の1日とした場合、翌々月は最初に返済した日から35日以内であれば、何日でも良いとする業者も存在します。その次の返済は、更に35日以内となります。
また、返済する日とその前の10日間を返済期日とするなど、一定の期間を設ける場合もあります。
クレジットカードの場合は、多くは契約時に期日が決められます。数種類から選択する業者もあれば、選択できない場合も珍しくありません。
このため、キャッシングを利用する場合は、契約時に返済日の自由度を確認する必要があります。

主婦がキャッシングを利用する時の注意点

主婦がキャッシングを利用する場合は、いくつか注意する必要があります。
その一つが専業の場合は利用出来る金融機関が限られてしまうという事です。
専業の場合、仕事をしていないので全く収入がありません。
消費者金融を管理している貸金業法では、総量規制という物が定められており、それによって年収の3分の1までしか借りられないようになっています。
無収入の人はそもそも年収の3分の1という風にする事も出来ないので、自分の名義で借りる事はできません。
もし借りたい時は配偶者の同意書と収入証明等を用意する必要があります。
自分名義で借りたい時は、銀行系を利用すれば可能ですが、その場合の限度額は収入がある人よりも少なめになっています。

もう一つは家計で返済していく事になるという事です。
主婦の場合、家計を管理している人も大勢いますが、キャッシングを利用する時は家計から返済していく人が多くいます。
借りすぎてしまうと月々の返済額が多くなり、家計に対する負担も大きくなってしまうので、本当に必要な額のみ借りる事が重要です。

違法な闇金から融資を受ける危険性

闇金の金利は、銀行や普通の貸金業者と比べ高すぎます。

法外の金利であり違法です。10日で1割の金利はまともではないでしょう。中には1週間で5割の金利を取る業者もいます。金利が高いと、少額融資でも返済の負担が大きくなります。

借金の返済は、元本を減らす返済と利息の返済に分ける事が出来ます。

闇金から借りると、利息の返済で大きく苦しむ事になります。金利が高ければ、利息の支払いも比例して高額になります。利息が高額である場合、利息の返済しかできないといった状況が生まれやすく、どんなに返済を繰り返しても元本が減りません。所謂、借金地獄です。

銀行や消費者金融からの借り入れは、金利が抑えられています。したがって元本返済と利息の返済のバランスが良く、完済しやすい借り入れと言えます。わかりやすい仕組みとしては、少額な利息を支払いながら元本を減らし、返済を繰り返す事で、元本が徐々に減少し、返済するほど債務者の負担が小さくなるといったサイクルです。

闇金ではこのサイクルが成立しない事が危険なのです。それもこれも利息の負担が尋常ではないからです。違法な金利でお金を借りるのは、長期的にみて損です。可能であれば、闇金からの借り入れは控えるべきでしょう。

ヤミ金トラブルの実態はこういうこと

子どもの幼稚園関係で知り合ったママ友が自己破産したとかでびっくり。
特にこれといってお金遣いが荒かったという印象もなかったんですよね。
身なりも言っちゃ悪いけど地味な感じだったし。
いったいどうして?って思ったんですが、どうも調べてみたら
最近、闇金にハマる人が多くなっているそうなんです。
私たちみたいな専業主婦ですと、お金を借りようと思っても、
一般的な消費者金融からではお金を借りることってできないですよね。
総量規制っていう規制があって、収入の3分の1までしか借金をしてはいけない
っていう決まりになっているらしいんですけど、もちろん、そんな決まりが
あると、自分の収入が一切ない専業主婦は門前払いというわけです。
まあ、絶対にお金を借りれないかっていうとそうでもなくって、例えば、
この総量規制の対象外の銀行とかのカードローンなんかなら借入することも
できるらしいんですけど、借入できる限度額がとっても少ないらしいんですよね。
銀行によって限度額はまちまちではあるんですが一般的には30万円くらいなんだそう。
ちょっと家計が赤字で…くらいの補填をするならまあ、なんとかなると
思いますが、まとまった出費が…とか、もしくは融資してくれるまでの
時間的猶予がない!?みたいな人にとってはとても足りないものなんですよね。
なので、仕方なく闇金を利用してしまう人もいるらしいんですが、
今の闇金っていわゆる闇金ウシジマくんみたいなイメージとは違って
もっとソフトな感じの対応のとこが増えてるらしくって、しかも主婦向けに
返済日に取立てするときにデートなんかしたりするところもあるんだとか…。
ママ友もこの闇金手口にハマってしまったらしいということを噂で聞きました。
私なんかはそれを聞いても「うへぇ…」って思ってしまってなんか
気持ち悪いっていう気しかしないんですけども、恋愛体質っていいますか
常に恋してないとダメっていう感じの女性はハマりやすいのかなぁって思います。
やっぱ、子どもが幼稚園くらいになるともう新婚のころのラブラブっぷりのままの
ご家庭ってそう多くはないと思いますし、何か旦那さんに不満もあったのかなぁって感じ。
しかし、そんなサービスとかしてても闇金は闇金ですからね。
他の怖い取立てをする闇金と同じで利息は違法な感じにとられるし
(ちゃんと法律守ってるとこの数十倍とか…(^_^;))
やっぱり借りてる人自身も悪いことしてるっていうことですよね。

闇金相談サポートではどんな闇金被害も相談できる

大阪の飛田新地という売春宿があって、そこに働く女の子を斡旋していたとき、闇金業者からお金を借りて返済できない女性が沢山来て働いていました。

消費者金融でも多重債務になりこれ以上借りられない状態でも借金を繰り返し、友人知人からも借りられない最後には闇金でお金を借りてしまい、そんな状態では高金利のヤミ金へ返せるわけ無いから簡単に破綻します。

ヤミ金も見た目がキレイな女性であれば返済できないことを承知で、通常よりも限度額を大きくして貸し付け、案の定返済できないとなると何年間も高金利を支払続ける売春の生活をさせるのです。

キレイな女性はお金になりますから、飛田ではなく各地のソープランドやストリップ劇場などに紹介されて働き始める人も多く、借金の方に永遠に働かされて年を取って客が取れなくなる頃には覚醒剤を覚えている人も少なくありません。

その他、違法な商売の管理や詐欺の片棒を担がされたりする場合も有り、もちろん闇金業者としての仕事も手伝っている場合があります。

キレイな女性が受付にいるだけでも一般の客はヤミ金に対して警戒心が少なくなるので、簡単に信用して貸金業の届け出をしていないヤミ金業者から借金をしてしまい、弁護士に相談したり警察に泣きつくなど被害が絶えない状態にあるのです。

ヤミ金業者が変わって振り込め詐欺などに手を出しているケースも多いですが、こういった際に手伝っているのも、闇金時代に多額の借金をしてしまった客が、利息返済の代わりに永遠と警察に捕まる危険なビジネスの手下になっています。

闇金相談サポート@警察だけでは駄目!取り立て嫌がらせ対策法では、警察の太い繋がりのある弁護士事務所が無料で紹介されていますが、こういったプロにでも依頼しない限り、闇金業者に1度関わってしまうと抜け出すことができなくなるでしょう。

闇金の被害は高金利で返済できないとか、悪質ないやがらせを受けているなどだけにとどまりません。

ヤミ金に関わってしまった人は、闇金相談サポートを直ぐにチェックして対策を立てて下さい。

闇金業者の嫌がらせに先手を打ってから相談した

借金地獄ですが消費者金融、銀行カードローン、闇金と全て借りて返済できないから友だちに土下座して借金させてもらおうかと悩み今日です。

土下座した位で借金させてもらえるかも解らんが、お金が無くてとりあえず闇金には返済しないと取り立てが何よりも恐ろしくてどうして良いか解らないんだ。

でも、土下座してお金を貸してくれても友人に迷惑を掛けるくらいなら、債務整理で全部返済できないと開き直って自己破産しようかと考えてみた。

親に相談すると、お金も無いし、友だちに迷惑掛けないで自分でケツを拭けと怒鳴られらので、自己破産しようと決心して、闇金業者の借金も踏み倒してやろうと腹をくくりました。

腹をくくれば恐ろしいモノも平気に思えてきて、返済日の前日に闇金業者に電話を入れて、返済する気は無い事を怒鳴りつけてやったら、怒り狂った闇金業者からの嫌がらせが始まった。

回収できなければヤバい理由もあるだろうし、ウザいからこちらから闇金に電話攻撃して、近くのデリバリー系のお店には全部電話して、事情を話して出前は取らないことを伝えた。

消防車にも119にも電話して、呼ばれたら自分の携帯電話に確認をくれと伝え、葬儀屋なども全て、闇金業者が使いそうな嫌がらせ先は全部先手を打った。

その後、債務整理するために弁護士に連絡をしたら、強気な僕の態度にこんな人ははじめてだと驚いていたけど、それもコレも、ウチの親父がヤクザで僕が無職だという条件があったからなんですよね。